大学

【大学生必見!】フル単をとるメリットと誰でもフル単をとれる方法6選

なまけもの君
なまけもの君
フル単って取る意味あるの?別にちょっと落としても大丈夫っしょ!
みやっち
みやっち
1,2年で単位が取れるかどうかで今後の大学生活が大きく変わってくることだってあるんだぜ。
なまけもの君
なまけもの君
まじかよ。じゃあどうやったらとれるんだ?
みやっち
みやっち
今から紹介する6つのことを抑えていれば、誰でもとることが出来るぜ!

今回は大学でフル単を取る意味と、誰でもできるフル単をとる方法を6つご紹介します!

これを読めば、フル単を取るメリットと誰でも簡単にフル単を取る方法が分かりますよ。

この記事の内容
  • フル単を取るメリットについて紹介します。
  • 誰でもできるフル単の取り方を6つ紹介します。

みやっちのスペック
みやっちのスペック
フル単でGPA3,2を取っています。

大学でフル単を取るメリットとは?

疑問

フル単を取る最大のメリットは、3,4年生の時間を有効活用できるところです。

1,2年生のうちにフル単を取っておけば、3,4年生で授業以外の時間が生まれ余裕が出来ます。

その間に就職活動や留学、研究などの時間に費やすことが出来ます。

逆に3,4年になっても取らなければいけない授業があったらどうなるか…?

みやっち
みやっち
周りの友達が就活や留学に行ってる中、たった一人で取りこぼした授業をとらないといけなくなりますよ!

一人でもやっていけるぜ!っていうたくましい人はいいですが、自分は絶対にいやです。

なので、取れる時に取ってしまった方がいいですよ。

フル単を取れば就活に有利という話がたまにありますが、そこまで有利になりません。

なぜなら、それぞれの大学や文系理系によって単位の取りやすさが違うからです。

ただ、成績を重視する企業もあるのでフル単を取って損にはなりません。

大学でフル単を誰でもとれる6つの方法

ここからは大学でフル単を誰でも取れる方法を6つ紹介します。

  1. 勉強する
  2. 毎回出席する
  3. 課題は必ず提出する
  4. 先輩から過去問をもらう
  5. 友達からテストの情報をもらう
  6. 教授にどんどん質問しに行く

具体的に解説していきます!

勉強する

勉強

フル単を取る一番の近道は、勉強をすることです。

フル単とりたきゃ勉強せい!ということです。

頼れる先輩や友達がいないなら、普段から予習復習をしてテスト前もしっかり勉強すれば問題なく単位はとれます!

みやっち
みやっち
ただし一夜漬けでやるのはNGです。

一夜漬けで大学のテストを網羅できるほど甘くありません。

実際に「一夜漬けで頑張るぜ!」と意気込んでいた友達は、普通に落としていました。

なので、普段から勉強するクセをつけることが大事です。

テストを簡単に乗り切る方法については、【大学生必見!】法学部のテストを簡単に乗り切る方法で紹介しています。

法学部以外の人でも、使える勉強法がありますよ。

【大学生必見!】法学部のテストを簡単に突破できる勉強方法大学のテストどうやったらできるの?法学部のテスト難しいって聞いたけど、私でもとれるかな?そんなあなたにこんかいは、法学部生が教える、大学のテスト勉強法についてご紹介します!...

毎回出席する

出席を点数に入れない授業は別ですが、出席点があるところは毎回出席しておきましょう。

テストで全力が出せなかったとしても、出席点があれば落単(単位を落とすこと)は避けられます。

みやっち
みやっち
1限に授業があると起きるのがしんどいですが、頑張って起きて授業に行きましょ!早起きは三文の徳といいますよ。

「1回くらい休んでもいいや」と思う時がありますが、1回休んだらその後ズルズル休むので毎回出席しましょ!

課題は必ず提出する

宿題やレポートといった課題が点数に含まれる授業では、必ず提出しましょう!

5点10点と小さな点数でも、あるのとないのとでは大きな差です。

みやっち
みやっち
あと1点足りなくて落単した!ってなって泣きたくないですよね?

たかが1点されど1点です。

普段から課題を出して点数を稼いでおきましょ!

先輩から過去問をもらう

テスト

サークルや部活動などで先輩とつながりがあるなら、過去問をもらうという方法もあります。

大学のテストは、過去数年同じような問題が出てる場合が多いので過去問を知っていたらかなり有利に働きます

とはいえ必ずしも毎年同じような問題とも限りません。

みやっち
みやっち
過去7年くらい同じ問題が出てたのに、今年は全然違う問題が出た!ということはありました笑

なので、普通に勉強して過去問も解くといった方法が一番ですよ。

友達からテストの情報をもらう

「友達から情報をもらう」これ最強です。

テスト前に友達から「○○先生のテスト教科書○○ページから○○ページが大事らしい!直接聞いたから間違いない!」と教えてもらったことがあります。

おかげで、テスト勉強を効率的にできてフル単をとることが出来ました。

持つべきものは友達やなと感じた瞬間でした。

みやっち
みやっち
ただし時々偽情報が回ってくることがあるので、情報の取捨選択は必要ですよ。

偽情報を信じて見事テストで爆死ということが無いようにしましょう。

「テストのこと教えてくれる友達が欲しい!」と思ったそこのあなた!

【誰でもできる】友達の作り方5選|大学で失敗しないために出来ることで今日から実践できる大学での友達の作り方を紹介しています。

ぜひご覧ください!

【誰でもできる】友達の作り方5選のアイキャッチ画像
【誰でもできる】友達の作り方5選|大学で失敗しないために出来ること4月から新生活が始まるけど、友達出来るか不安だ。そんなあなたに今回は、誰でもできる友達の作り方5選と大学で失敗しないために出来ること3選をご紹介します!...

教授にどんどん質問しに行く

分からないところがあったら、どんどん質問しに行くクセをつけておくと良いです!

なぜなら、何度か質問することで顔を覚えてもらい仲良くなることでテストの情報を教えてもらえることがあるからです。

みやっち
みやっち
質問の中で「これって大事ですかね?」という風に聞いて、遠回しにテストの情報を聞き出すということもやってました笑

この作戦で必修科目の単位を取っていき、フル単を達成しました。

質問しに行くのは抵抗がありますが、メリットはかなりあります。

大学でフル単を取る方法のまとめ

まとめ
  1. 勉強する
  2. 毎回出席する
  3. 課題は必ず提出する
  4. 先輩から過去問をもらう
  5. 友達からテストの情報をもらう
  6. 教授にどんどん質問しに行く

今回は、大学でフル単を取るメリットとフル単を取る方法を6つ紹介しました。

フル単を取って損することは絶対にないので、狙ってみてはどうでしょうか?

ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくね!